記事の詳細

〔質問〕
今、発熱反応について勉強しています。
鉄粉と活性炭をまぜたものを食塩水にまぜると鉄が酸化して発熱する、というものですが、
活性炭は鉄よりも酸素と化合しやすいと聞きました。
なぜ、鉄よりも酸化しやすい物質を一緒にするのですか?
解説お願いします。
〔回答〕
化学カイロが発熱するのは、質問にある通り鉄粉が酸化するからです。
(酸化する際に発熱するということ)
 
つまり、「酸化し続ける」ことで発熱が続くのです。
そのためには、十分な酸素が必要となります。
活性炭は空気中の酸素を吸着して、カイロ内の酸素濃度を高める役割をしています。
そのため、カイロの発熱が安定するというわけです。

 

ターンナップでは勉強の質問を無料で受け付けています
投稿ページはこちら
過去の質問一覧はこちら
Twitterで更新情報を受け取る


関連記事

Youtube 公式チャンネル

チャンネル登録はこちらからどうぞ!

質問サービス(無料公開版)

「ターンナップ」では勉強の質問を無料で受け付けています。詳しくは質問ページをご覧ください!

過去の回答分はこちらから探してみてください。

なお、著作権の関係で、すべての質問に回答されるとは限りませんので、予めご了承ください。

ターンナップはSSL暗号化通信対応サイトです

学校や学習塾の方へ(授業で使用可)

学校や学習塾の方は、当サイト及び YouTube で公開中の動画(チャネル名:オンライン無料塾「ターンナップ」)については、特にご連絡なく授業等で使っていただいて結構です。

※ 出所として「ターンナップ」のコンテンツを使用していることはお伝え願います。


その他の法人・団体の方のコンテンツ利用につきましては、弊社までお問い合わせください。 (独自のサービスに組み込むことはお控えください)

また、著作権自体は弊社が有しておりますので、動画等をコピー・加工して再利用・配布すること等はお控えいただきますようお願いいたします。
ページ上部へ戻る