記事の詳細

数学は才能やひらめきで解くようなイメージがあるかもしれませんが、意外と暗記科目のような面があります。
入試で出てくる問題はパターンが限られているのです。
「この手の問題はこんな感じで解いていく」という作業をするだけで、実は高得点を取ることが可能なのです。
ですので、普段の勉強ではひたすら問題のパターンを覚えていけばいいのです。

超難関校を目指している方も、「パターンを覚える作業」は必須です。
見たことがないような問題であっても、 知っているパターンを「組み合わせる」ことで解くことができるのです。

焦る気持ちはわかりますが、
・まずはパターンを一通りマスターする

そして、その次に
・あらゆるパターンを組み合わせていく
・各パターンだけの計算はスラスラできるようにする

(→制限時間内で、試行錯誤できる回数が増える)
という訓練をしていった方がいいと思います。

※ 最後の項目については、難しい問題を解いている最中に、2次方程式の解の公式で悩んでいたら話にならない、ということです。

数学を暗記科目として捉えることは、邪道のように感じるかもしれません。
しかし、大学・高校入試の数学で聞かれているのは、 計算力や発想力ではなく、「論理的な欠陥がないか」だと思ってください。
「たぶん…」はやめて、「〜だから…だ!」ときちんと言えることが大事なのです。

※ 特に軽視しがちなのが包含関係(十分条件・必要条件)です。
例えば、「うどんは細長い」ですが、「細長いものがうどんとは限らない」のに、ついつい「うどん」と「細長いもの」を同じとしてしまいます。

関連記事

Youtube 公式チャンネル

チャンネル登録はこちらからどうぞ!

質問サービス(無料公開版)

「ターンナップ」では勉強の質問を無料で受け付けています。詳しくは質問ページをご覧ください!

過去の回答分はこちらから探してみてください。

なお、著作権の関係で、すべての質問に回答されるとは限りませんので、予めご了承ください。

ターンナップはSSL暗号化通信対応サイトです

学校や学習塾の方へ(授業で使用可)

学校や学習塾の方は、当サイト及び YouTube で公開中の動画(チャネル名:オンライン無料塾「ターンナップ」)については、特にご連絡なく授業等で使っていただいて結構です。

※ 出所として「ターンナップ」のコンテンツを使用していることはお伝え願います。


その他の法人・団体の方のコンテンツ利用につきましては、弊社までお問い合わせください。 (独自のサービスに組み込むことはお控えください)

また、著作権自体は弊社が有しておりますので、動画等をコピー・加工して再利用・配布すること等はお控えいただきますようお願いいたします。
ページ上部へ戻る