記事の詳細

現代文の読解は、よくできる人ほど「文中に書いてある」と言い、できない人ほど「何を答えればいいのかわからない」というものです。

しかし、現代文ができない人ほど、本文を適当に読み飛ばしているケースが多いように思います。
そこで推奨したい方法が、現代文を「英語の長文のように」読むという方法です。
※ ある程度、英語の長文読解ができる人に限られてしまいますが…

英語の長文では「主語(主部)がここで、この部分がここを修飾していて…」というように文を丁寧に掴んでいけるのに、現代文になった途端に適当にやって意味不明、ということが往々にあります。おそらく「日本語=普段使っている」という点で、心のどこかでナメてかかっている節があるからだと思います。
そこで、普段の学習でも、現代文であっても丁寧に文法に沿って文を考えていくということをしてみてください。特に英語の長文ができる人ほど現代文の実力アップにつながりやすいと思われます。

また、テストに出題される文章はもともと難読・難解ということも忘れてはいけないと思います。わかりやすい文章であれば出題されるはずがありません。
その場合には、小学生にもわかるような文に書き換えてみるという訓練も読解力アップにつながると思います。

関連記事

Youtube 公式チャンネル

チャンネル登録はこちらからどうぞ!

質問サービス(無料公開版)

「ターンナップ」では勉強の質問を無料で受け付けています。詳しくは質問ページをご覧ください!

過去の回答分はこちらから探してみてください。

なお、著作権の関係で、すべての質問に回答されるとは限りませんので、予めご了承ください。

ターンナップはSSL暗号化通信対応サイトです

学校や学習塾の方へ(授業で使用可)

学校や学習塾の方は、当サイト及び YouTube で公開中の動画(チャネル名:オンライン無料塾「ターンナップ」)については、特にご連絡なく授業等で使っていただいて結構です。

※ 出所として「ターンナップ」のコンテンツを使用していることはお伝え願います。


その他の法人・団体の方のコンテンツ利用につきましては、弊社までお問い合わせください。 (独自のサービスに組み込むことはお控えください)

また、著作権自体は弊社が有しておりますので、動画等をコピー・加工して再利用・配布すること等はお控えいただきますようお願いいたします。
ページ上部へ戻る